A.B.C-Zが福岡にやってきました。(notレポ)

A.B.C-Z inふくおかーーー!!!!
福岡に来てくれるのは橋本戸塚河合は1年ぶり、塚田五関は3年ぶり、という年月。

正直A.B.C-Zを応援するにあたって、九州に住んでることってわりとネック。笑
まず絶対的に距離が遠い。笑
A.B.C-Zの活動って、舞台多いけど福岡なかなか来てくれなくて、今年の舞台でも来てくれたのは戸塚くんのディファイルドだけだった。来ないなら来ないで諦めるのも1つの手だけど、やっぱり見たい。じゃあどうする?遠征するしかない。笑
遠征する?いつ行く?どこ行く?休み取る?考えることも決めなきゃいけないことも、使うお金の金額もどんどん増える。
正直、来年から舞台は控えようかな、なんて今年のツアー行くまで真剣に考えてた。

番協!遠いわ…ラジオの公開録音!遠いなぁ…舞台!何日と何日と何日に行くのか!仕事帰りに行けるもんね…みんないっぱい行ってていいなぁ、羨ましいなぁってなってくる。そしてそんなことを思う自分のことも、どんどん嫌になってくる。

メディア面!
テレビ!えびちゃんずー、映るけど遅れます!そもそも映りません!たくさんあります。雑誌!「やばいよね〜〜♡」まだ売ってません…
何の話をしてるのか、わからなくなる時もある。


そんな思いを、実はちょこちょこしてきた。
東京に引っ越せばいいんだけど、なかなかそう簡単に出来ないこともある。もちろん、A.B.C-Zに会いに行くのすっごい楽しいけど、同時に寂しいこととか悲しいこともある。

だからこそ、今年のツアー決まったの本当に嬉しかった。自分が住む地方にA.B.C-Zが来てくれるのが嬉しかった。

当日、自分の家から会場に向かう時にいつも使ってる道、いつも見慣れてる風景を見ながら会場に向かうの変な感じした。笑
心配もあったけど、とにかく5人が来てくれたことが嬉しくて、もちろん遠征で来た人がたくさんいるのも知ってたけど、九州でA.B.C-Zに会いにくる人が沢山いるのが嬉しかった。

前説に来てくれた時とか、開演した時とか、本当にA.B.C-Z福岡にいるんだなぁってすごい嬉しかった。戸塚くんが伝助で3回も福岡!って言ってくれてめちゃくちゃ嬉しかった。
メンバーみんな美味しいもの含めて(笑)来れて嬉しいって言ってくれるのすごい嬉しかった。

今回特別なステージになったから、来年来たら今度こそかっこいいの見せる!っていう約束みたいなのが出来たのも嬉しかったし、そういうピンチも含めて、福岡がメンバーにとって印象深いものになったり、思い入れのある場所になってたら嬉しいなって思う。


ライブの日1日通してすっごい嬉しいと楽しいが沢山で、前に塚ちゃんも言ってたと思うけど「会いに行くより会いに来てくれる方がもっと嬉しい」って思ったし、すごい寂しい思いする時もあるけどA.B.C-Zは福岡のこと大切にしてくれてるし、普段は遠いけど、福岡のこと忘れてないんだなって思いました!!!!本当に!!!!A.B.C-Zはいつだって九州のこと忘れてないよ!遠いし会えなかった分、すっごい想ってくれてるね。
私は途中からファンになった身だけど、ずっと応援して待っててくれたファンの人、本当にありがとうございました!
そしてA.B.C-Z福岡に来てくれて、本当にありがとうございました。また絶対来年来てね!

自担がJrのために衣装を作っていました。

私の自担はA.B.C-Z河合郁人さん。
彼はJrの番組であるザ少年倶楽部の司会をしています。
誰が何と言おうと、彼は常々後輩達のことを考えている人だとわたしは思っています。
それは自分が今まで先輩達にそうやってきてもらったからだと思います。

少年倶楽部の司会をするにあたってしていること、どうしていきたいかについて彼はこんな風に語っていました。

・Jrが出る番組をなるべく見たり、雑誌で顔と名前を一致させたりしてます」(一万字インタビュー)
・「先輩達の曲をJrが歌う少クラ名曲アルバムというコーナーをプロデュースさせていただきます(略)なるべくJrの子達を盛り上げてあげたいと思ってるんだけど、これまであまり機会がなかったから」(NHKステラ)

顔と名前を一致させる件。
自分が百識王に出た際、スタッフさんにイクトと読まれてしまった時、イノッチがフミトだよね。と言ってくれた、と言っていました。そのこともあって、先輩がしてくれたように自分も後輩に対して同じようにやっているようです。

名曲アルバムの件。今はデビュー組の企画のようになっていますが、始まる前はこんなことを言っていました。どういう意図でデビュー組になっているかは知る由もないですが、元々はこういうつもりの先輩達へのリスペクトと、後輩達を盛り上げるために考えた企画だったようです。

そしてタイトルにある、Jrに衣装を作った話。
昨年のA.B.C-ZコンサートのツアーバックについてくれたLove-tuneの衣装を郁人が意見を聞いて一人一人違うデザインの衣装を作ってくれました、と語っていました。
ふざけて、俺がこうやって(ミシンかけてる真似)作った!なんて言っていたこともあります。
安井くんをはじめとするLove-tuneのメンバーも衣装を着る機会があるとMCなどで河合くんが作ってくれた衣装だと話してくれていたように思います。(レポ見てるだけですが)

ツアーバックについてくれたグループにツアーだけじゃなくこれからも使える新しい衣装を作ってあげるなんて素敵だなぁ、なんて思っていました。

そんな時の今年の夏。橋本くんのソロコンサート中MCで、「河合くんの自腹」という事実を橋本くんの口から告げられたそうです。(レポ見てるだけですが)

私は安井くんをミーハー程度にしか応援していない身ですが、口止めされていたのか、自分の意思なのかはわかりませんが、安井くんはきっと今回のことがなかったらずっと黙っていたんだろうなと思います。なんとなくそれが、郁人の意思のように思います。

それをポロっと、自然に?それともわざとなのか(笑)思わずなのか、隠さなくていいじゃん!とかはしちゃんなら言いそうだなぁ。笑
隠されていた事実をポロっと教えてくれた橋本くんありがとう。
強がったり、隠したりしていることを、ちゃんと見せなよ!かっこいいんだから!って、郁人のことをどんどんキラキラさせてくれて、輝かせてくれてありがとう。


そして河合郁人さん。かっこよくて世界一大好きで自慢のアイドル。本当に自慢の自担です。
いつもお金は大事!と節約家思考なのをうかがわせますが、大事な後輩のために、素敵なお金の使い方をした、頑張っている人が輝くために手助けしてくれるすごくかっこいい人だと、私は思います。

 

最後に、以前雑誌で語っていた記事を貼っておきます。 

f:id:ym13cd:20170902030242j:image

郁人の想いが、少しでもたくさんの後輩と、たくさんの人の心に響きますように。

のど自慢〜上を向いて歩こう〜(ネタバレなし)

のど自慢〜上を向いて歩こう〜が発表された時、わたしは何これ…?と思った。よくわからなかったから。
でも、コインロッカーベイビーズに出たことでお芝居への意識が変わったようなことを言っていたし、応援屋!をやったことで歌い方が少し変わったりと、2016年に経験したことが活かされる舞台になると思った。
わたしは前の舞台を知らなかったし、過去に戻れるわけでもなく、一部の人がモヤモヤしてたり、なんであんな舞台に…?という声も見かけたりして、やなこともあったし、それに流されて大丈夫かな?と気持ちがマイナスに引っ張られた自分もいた。
年明けから他のメンバーの外部舞台やアイランドも観劇して、こんな素晴らしい舞台に出てる…!と羨むこともあった。
だからこそ、のど自慢にゲストで戸塚くんが出る、と発表された時にすごいモヤモヤと嫌悪感が残った。
幕があけるまでどうなるのかわからなかったけど、とにかく良い舞台になればいいな、と思っていた。

いざ初日の幕が開けると、そこにはわたしの大好きな喋る郁人、歌う郁人、踊る郁人、表情で演技する郁人がいた。
諸々内容にツッコミどころもめちゃくちゃ多いけど。それでもマネージャーの須谷ちゃんはすごくすごく最高だって思ったし、脇を固めてる街の方々がすごく好きでした。

特に好きなのがあきよさんとじゅんいちくん、じゅんいちくんと須谷ちゃん、けいこちゃんと須谷ちゃん。

須谷ちゃんが街の人々やれいこさんのために奔走したり、周りの人のために怒ったり笑ったり泣いたりする姿がすごく好きだ。
しずかさんとれいこさんのために頑張る姿もすごく好き。振り回されてる須谷ちゃんもすごく好き。
須谷ちゃんがめちゃくちゃかわいいしかっこいいんだけど、彼の一挙一動で自分含めた会場のお客さんが声出して笑ってるのを見ると、すごく嬉しかったし誇らしかった。本当に毎公演、笑いどころになってる。

自分が信じてやまないものというか、信念のようなものがある須谷ちゃんはすごくすごくかっこいいと思う。
それが、演技を見てても伝わった。


色んな意見も色んな感じ方もあるし、わたしも全部引っくるめて最高だって思ってるわけじゃないけど(笑)、でもそれでも、今の彼の精いっぱいが現れてるし、グループの中であの舞台をやるのに適任なのは彼だと思ったし、私は好きだ。


千穐楽まで劇場に来た人を1人でも多く笑顔にしてくれたらいいなと思う!!

私と「書くこと」

‪前に郁人への手紙にも書いたんだけど、わたしは話すのとか喋るのとか大勢の人に自分の言いたいことを伝えるのがとても苦手で、「何言ってるかわかんない」とか「?」って反応されたりとか、うまく発表とかできなかったりしてた。‬
‪だから、MCだったり喋りが出来る郁人のことをものすごく尊敬してるし、そういうところを見て好きになった。それが私の大好きな河合郁人。‬

喋りが苦手なわたしにも昔から唯一褒められることがあって、それが文章を書くことだった。最初は小学生の時だったと思うけど、作文を書くたびに褒められた。読書感想文が褒められた。発表会に出た。中学でもそれは続いて、国語の先生にそれは褒められてた。課題にあった応募する作文も枚数制限があったのに、「あなたは自由に書きなさい」と言われて、好きなだけ書いた。高校でもそれは続いて、小論文を書いたら発表会に選ばれた。
大学受験のために毎日小論文を練習してて、添削はほとんどなかったし、添削なしの日もあったし、大学は推薦されたメンバーの中で正直1番なんの取り柄もなかったわたしが、小論文と面接で合格した。社会人になってからはやっぱり喋りや伝えるのが苦手だったけど、事前に自分の文章で作り込んだ台本を読む形のプレゼンは凄く褒められた。

自分ではよくわかんないけど、とにかく文章を書くことが大好きで、だからファンレターも沢山書いてるし、ラジオにメールするのも大好きで、毎回メールしてる。

A.B.C-Zのラジオでは、本当にラッキーなくらいメールを読んで頂いて、3回目になった。今回も同じNHKのラジオなんだけど、過去に読まれたことのあるラジオでもNHKで、私はNHKのラジオと相性がいいのかもしれない。笑

あと一個読まれたのかな?と思ったラジオもあったけど、それは他の人だったみたい。私も文章が100%自分だって確証はないし、別にもういいんだ。

こんなしっちゃかめっちゃかな文章書いてるけど、何が言いたいって、好きだからメールして、好きだから書いて、好きだから送ってるメールが読まれるとやっぱり嬉しいし、当たり前だけど卒業以来もう何年も文章褒められるなんてことなかったからやっぱり嬉しい。
A.B.C-Zと、A.B.C-Zがやってるラジオのおかげで、改めて自分が「書くこと」が大好きだなって思ったし、自分に自信が持てるようになった。

もちろん名前呼ばれるのも嬉しい(笑)
これからもファンレターとかラジオのメールとか、出来る範囲の「書くこと」は続けたいなぁって思った。

そしてこの気持ち伝えたいから、またA.B.C-Zにファンレター書いちゃうんだろうな。笑

個人的感覚でまとめたA.B.C-Z作品リスト滝沢舞台編

4/23追記

 

以前書いたこの記事

個人的感覚でまとめたA.B.C-Z作品リスト - 声がかれるまで歌おう

以降で滝沢舞台のDVDを見たので個人的感覚でまとめます。

 

基本的に滝沢舞台にはA.B.C(特にふみとつ)が沢山いるし、何よりバックダンサーではなく、出演者としてきちんと大切に扱ってくれているので、目を凝らして探さなくても、準主役級で出ているのでものすごく楽しめます。

私も最初は、歌舞伎のDVDってどうなんだろう…と手を出しにくかったのですが舞台作品として、ショーとしてすごく楽しめます。

 

◆滝沢演舞城

大倉くん、横山くん、ジャンプのメンバーとえびきす。とにかく今見ると豪華!!

全編通してえびが沢山出てる印象でした。えび加入前のはしちゃんいるらしい(まだ見つけてない←)。キスマイはちょこちょこと。藤北メインで、よこおさん結構セリフあった。

≪こんな人におすすめ≫

関ジャニのファン、A.B.C-Zのファン、キスマイのファン

 

 

◆滝沢演舞城 '08 命
戸塚担におすすめ。とにかく戸塚くんがかわいそう。笑
藤北とふみとつというエビキスの神シンメ(?)が出ているので好きな人にはおすすめ。
お話は少し難しめかな?戸塚くん演じる三郎が少しだけジョーくんみたいな可愛さがある。
一幕はそんなにないけど、二幕は結構出る。
≪こんな人におすすめ≫
藤北担、ふみとつ担、ふぉ〜ゆ〜のファン

◆新春 滝沢革命
A.B.C-Zとキスマイが出てる。A.B.C-Zになったばかりの時で橋本くんが中学生(!!)なので、二幕のDVDには橋本くんがいません…
敵と味方でエビキスがシャッフルになっているのでそこも見所。ものすごく悪い戸塚くんがいます。
千秋楽スペシャル映像が入っている通常盤がおすすめ。
≪こんな人におすすめ≫
キスマイ、A.B.C-Zのファン

◆滝沢歌舞伎(2010)
私はこれを河合歌舞伎と呼んでいる。笑
ひたすらふみとが出る。出まくる。おいしい。戸塚くんはまたかわいそう。笑
こどもの日特別公演が入っている初回限定盤がおすすめ。
≪こんな人におすすめ≫
河合担、A.B.C-Zのファン

◆帝国劇場100周年記念公演 新春 滝沢革命
A.B.C-Zと優馬くん、屋良くんが出てる。エビキスの滝沢革命とほとんど同じストーリーになってるので、比較して楽しめるかも。
序盤からかなりA.B.C-Zが出ているのでとても楽しいです。
≪こんな人におすすめ≫
A.B.C-Zのファン

◆滝沢歌舞伎 10th Anniversary
本編には1秒足りともふみとは出ていませんが、北山くんがものすごくかっこいいです。キスマイとは違った北山くんが見れます。ふみとが出ているのはDisc3のシンガポール盤のみ。特にシンガポール盤の北山×河合で舞台を作り上げていく感じはすごくかっこいいです。
≪こんな人におすすめ≫
北山担、河合担


悩んでいる人は、作品として普通に見やすいのは滝沢革命だと思うので、まずは滝沢革命から見てみるのがおすすめです。出番もかなり多いです。
滝沢歌舞伎で見やすいのは2010年ので、出番的にも演舞場よりは滝沢歌舞伎の方がA.B.C-Zは多く出ている気がします。

面白いし、ライブとはまた違った5人が見れて楽しかったです。
購入しようかな?どれがいいのかな?と私のように悩んでいる人の少しでも参考になれば。笑

あの日、A.B.C-Zの花言葉を買ってから1年が経ちました。

がっつりA.B.C-Zを応援するようになって1年が経ちました。正直、気になったのから含めたりしたらいつなのか微妙なところだし、河合担になったのって結局いつからなのか自分でもよくわかんない。笑
もう好きになった瞬間から担当だったのかもしれないし。笑
あ、でも最初は推しかな?笑

とにもかくにも、A.B.C-Zの作品を初めて買ったのはLegendコンサートのDVDでした。Blu-ray買わなかったことを、今になって後悔してる。笑
A.B.C-Zが気になるようになったのは、やっぱりキスマイのおかげなのかなぁ。いや、あれかな?えびきす掛け持ちしてる人のツイートを見てたからかな?少クラをがっつり見てない時代でも雑誌買ったら必ずA.B.C-Zのページは読んでた。

あとは、よく行くTSUTAYAがえび担の店員さんがいらっしゃって、えび推しだったのも気になるきっかけだったのかな。だから、A.B.C-Zが自分の周りにだんだんある環境だったのかも。

私そもそもA.B.C-ZってDVDしか出していないと思ってたから、音源って全くないものだと思ってた。でもそのTSUTAYAの店員さんのおかげで、アルバム出してることを知ったし、なんかムンウォは好きだったから買おうかなぁ?とか思ってた。キッカケは思い出せない。笑

A.B.C-Zのアルバムを借りて、A.B.C-Zってこんなに良曲多いの!?ってびっくりしたのを覚えてる。特にFinally Overが大好きで、A.B.C-Zのライブを見てみたいな、と思ってコンサートDVDを調べ始めた。Finally Overががっつり入ってると知って、Legendコンを買った。
それからは毎日Legendコンを見る日々。楽しくて楽しくてしょうがなかった。

初めて見るA.B.C-ZのコンサートDVDはとにかく楽しくて、どこでやろうと絶対A.B.C-Zのコンサート行くんだ!って決めた。

3月。これも今思えばタイミングだったのかなぁ。A.B.C-Z花言葉とキスマイのGravityが同じ日に発売だった。
アマゾンで頼んでた私は、フラゲ日にGravityが届かなくて、TLでどんどんみんな買ってるのが耐えられなかった(笑)それで、映像見たい!ってなった私は、すごく悩んでたA.B.C-Z花言葉をいともあっさり買ってしまった。笑
花言葉のMVは本当に映画のようで、メイキングやコンサート告知のサプライズも本当に本当に嬉しくて、Great 5も最高にかっこよくて、本当に買ってよかったなぁと思えた作品だった。

その時に悩んでた花言葉を買う後押しになったのは、頼んでたCDが届かなかったイライラからで(笑)、TSUTAYAの店員さんがえび推しじゃなかったら、ここまで気になってなかったと思うし、全てがタイミングだったのかなぁ、なんて思ったりする。

郁人の「(A.B.C-Zに)気づいてくれてありがとう」という言葉が本当に嬉しい。A.B.C-Zに気づかせてくれてありがとう。
ファンになった日とか、最初にA.B.C-Zの作品を買った日とか、郁人に完全に心を奪われた日とか、思い返すと色んな日があるけど、花言葉を買った日は、本当になんか、特別な日な気がする。ちゃんとA.B.C-Zのファンとして買った初めての作品だから。
そんな日から1年。やっと1年。
まだまだひよっこえび担だけど、これからも同じ景色を見ていたいなぁ。

五関くんとえび担に(勝手に)オススメしたい海外ドラマ7選。

五関くんと橋本くん、他ジャニーズの方々が絶賛ウォーキングデッドにハマっているようですが、私はどうしてもあれは見れなくて…なので代わりに(?)私が見てるドラマを彼らにオススメしたいと思います。

Gossip Girl】完結済

ゴシップガール GOSSIPGIRL
五関くんへのオススメ度☆
えび担へのオススメ度☆☆
えび内視聴者 ふみと(多分)

なんとなく聞いたことある人もいると思うゴシップガール。ふみとが見てるっぽい話をしてました。
ある日街へ1人の女の子が帰ってくることからストーリーは始まる。セレブな男女高校生4人組とそれを取り巻く人達の話。彼女たちはいつもゴシップサイト「ゴシップガール」に振り回されっぱなし。高校、大学と成長する度にいつも邪魔されたり、時には助けてくれたり。ゴシップガールは一体誰だ!?

まぁもうドロドロ!笑
なんでもあり!しょっちゅう恋人変わる(デフォ)
最後のシーズンが人気低迷だったので短めになってるけど最後まできちんと完結してるので、シーズン5くらいまで見れた人にはオススメ。
ちなみに私は途中から疲れて吹き替え派になりました。笑
色々あるけどチャックが好きです。

 

glee】完結済

海外ドラマ『glee/グリー 踊る♪合唱部!?』| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
五関くんへのオススメ度☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆☆☆

これはえび担に1番オススメ。いわゆるショー的な(ショークワイアというらしい)感じで歌って踊る部活の高校生の物語。いじめられっ子やいじめっ子、高校生の妊娠とかLGBTの問題とか。色々考えることも多い作品だけど、すごくハッピーになれるしとにかく楽しいし沢山の音楽に触れられる作品。ミュージカルが好き、音楽が好きな人にはすごくハマる作品。
私はこの作品で色んな音楽と出逢いました。ブロードウェイミュージカルに出ているような豪華な方々も時折ゲスト出演していたり、レギュラー出演しています。アメリカ版のレリゴー歌ってる女優さんも出てるよ。

 

One Tree Hill】完結済

One Tree Hill/ ワン・トゥリー・ヒル|ワーナー海外ドラマ 公式サイト
五関くんへのオススメ度☆
戸塚くんへのオススメ度☆☆
えび担へのオススメ度☆☆

私が見てる中では1番普通の(笑)海外ドラマ。
異母兄弟の2人がバスケを通して心を通いあわせたり、成長していくお話。
主人公の1人が文学少年で、有名な小説のフレーズとかが出てくるから戸塚くんへのオススメ度も入れてみた。
ただ、これは好みが分かれる作品のよう。現地では未だに愛される人気作品だったようです。

 

SHERLOCK

海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』|角川海外TVシリーズ
五関くんへのオススメ度☆☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆☆☆☆
現代のイギリスにもしシャーロックホームズがいたら?というシチュエーションで作られたお話。
ネットも使うしスマホも使っちゃう。ワトソンくんはブログ書いちゃう。そんなシャーロックホームズ。
1話が90分の1シーズン3話構成なのでとてもみやすいのにとても面白い。
イギリス制作なのでちょっとしたジョークがあるのも面白い。
字幕がもちろん楽しいけど、吹替で見ても楽しめるのがこの作品の特徴かなと思います。五関くん見て〜!笑
ちなみにキスマイ横尾さんは見てる。

 

【キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜】

キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き シーズン8|FOX|FOX ネットワークス
五関くんへのオススメ度☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆☆

ミステリー作家のキャッスルが自分の小説を模した事件の捜査を手伝うことがキッカケで、刑事のベケットとコンビを組み、独特の視点と絶妙なコンビ感で事件を解決していく話。
1話完結型なのでとても見やすい。


【ホワイトカラー】完結済

海外ドラマ『ホワイトカラー』| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
五関くんへのオススメ度☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆

先に言いたい。主役♂がものすごくイケメンです。ただし旦那さんがいます。(察してください)
天才詐欺師ニールが、自分を唯一逮捕に追い込んだピーターとコンビを組んで事件を解決していくお話。
天才詐欺師だからこそのトリックで犯人を追い詰めるのがめちゃくちゃ爽快。

 

【The Flash

THE FLASH / フラッシュ|ワーナー海外ドラマ 公式サイト
五関くんへのオススメ度☆☆
えび担へのオススメ度☆
私も最近見始めたので、全部は語れないけど、ある日雷に撃たれたことから、不思議な力を手に入れ、誰よりも早く走れるようになり、その力を使って人助けをするヒーローになるお話。
DCコミック原作で、会社違うけどアベンジャーズ好きな人とか結構好きだと思う。これも見やすくて面白い。

 

海外ドラマは1シーズンがすごく長いし、次のシーズンがくるまで悶々とした気持ちで待たなきゃいけなかったり、テレビ局や俳優の都合で突然人がいなくなったり、突然打ち切りになってシーズン1の中途半端なところで終わったり、面白い分リスクも高いし、好みの作品に出会うまではなかなか大変だし、出会ってからも見るのが大変だけど、日本とはまた違ったテイストでドラマを楽しめるのでオススメ。
素敵な海外ドラマライフを〜!