読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的感覚でまとめたA.B.C-Z作品リスト滝沢舞台編

4/23追記

 

以前書いたこの記事

個人的感覚でまとめたA.B.C-Z作品リスト - 声がかれるまで歌おう

以降で滝沢舞台のDVDを見たので個人的感覚でまとめます。

 

基本的に滝沢舞台にはA.B.C(特にふみとつ)が沢山いるし、何よりバックダンサーではなく、出演者としてきちんと大切に扱ってくれているので、目を凝らして探さなくても、準主役級で出ているのでものすごく楽しめます。

私も最初は、歌舞伎のDVDってどうなんだろう…と手を出しにくかったのですが舞台作品として、ショーとしてすごく楽しめます。

 

◆滝沢演舞城

大倉くん、横山くん、ジャンプのメンバーとえびきす。とにかく今見ると豪華!!

全編通してえびが沢山出てる印象でした。えび加入前のはしちゃんいるらしい(まだ見つけてない←)。キスマイはちょこちょこと。藤北メインで、よこおさん結構セリフあった。

≪こんな人におすすめ≫

関ジャニのファン、A.B.C-Zのファン、キスマイのファン

 

 

◆滝沢演舞城 '08 命
戸塚担におすすめ。とにかく戸塚くんがかわいそう。笑
藤北とふみとつというエビキスの神シンメ(?)が出ているので好きな人にはおすすめ。
お話は少し難しめかな?戸塚くん演じる三郎が少しだけジョーくんみたいな可愛さがある。
一幕はそんなにないけど、二幕は結構出る。
≪こんな人におすすめ≫
藤北担、ふみとつ担、ふぉ〜ゆ〜のファン

◆新春 滝沢革命
A.B.C-Zとキスマイが出てる。A.B.C-Zになったばかりの時で橋本くんが中学生(!!)なので、二幕のDVDには橋本くんがいません…
敵と味方でエビキスがシャッフルになっているのでそこも見所。ものすごく悪い戸塚くんがいます。
千秋楽スペシャル映像が入っている通常盤がおすすめ。
≪こんな人におすすめ≫
キスマイ、A.B.C-Zのファン

◆滝沢歌舞伎(2010)
私はこれを河合歌舞伎と呼んでいる。笑
ひたすらふみとが出る。出まくる。おいしい。戸塚くんはまたかわいそう。笑
こどもの日特別公演が入っている初回限定盤がおすすめ。
≪こんな人におすすめ≫
河合担、A.B.C-Zのファン

◆帝国劇場100周年記念公演 新春 滝沢革命
A.B.C-Zと優馬くん、屋良くんが出てる。エビキスの滝沢革命とほとんど同じストーリーになってるので、比較して楽しめるかも。
序盤からかなりA.B.C-Zが出ているのでとても楽しいです。
≪こんな人におすすめ≫
A.B.C-Zのファン

◆滝沢歌舞伎 10th Anniversary
本編には1秒足りともふみとは出ていませんが、北山くんがものすごくかっこいいです。キスマイとは違った北山くんが見れます。ふみとが出ているのはDisc3のシンガポール盤のみ。特にシンガポール盤の北山×河合で舞台を作り上げていく感じはすごくかっこいいです。
≪こんな人におすすめ≫
北山担、河合担


悩んでいる人は、作品として普通に見やすいのは滝沢革命だと思うので、まずは滝沢革命から見てみるのがおすすめです。出番もかなり多いです。
滝沢歌舞伎で見やすいのは2010年ので、出番的にも演舞場よりは滝沢歌舞伎の方がA.B.C-Zは多く出ている気がします。

面白いし、ライブとはまた違った5人が見れて楽しかったです。
購入しようかな?どれがいいのかな?と私のように悩んでいる人の少しでも参考になれば。笑

あの日、A.B.C-Zの花言葉を買ってから1年が経ちました。

がっつりA.B.C-Zを応援するようになって1年が経ちました。正直、気になったのから含めたりしたらいつなのか微妙なところだし、河合担になったのって結局いつからなのか自分でもよくわかんない。笑
もう好きになった瞬間から担当だったのかもしれないし。笑
あ、でも最初は推しかな?笑

とにもかくにも、A.B.C-Zの作品を初めて買ったのはLegendコンサートのDVDでした。Blu-ray買わなかったことを、今になって後悔してる。笑
A.B.C-Zが気になるようになったのは、やっぱりキスマイのおかげなのかなぁ。いや、あれかな?えびきす掛け持ちしてる人のツイートを見てたからかな?少クラをがっつり見てない時代でも雑誌買ったら必ずA.B.C-Zのページは読んでた。

あとは、よく行くTSUTAYAがえび担の店員さんがいらっしゃって、えび推しだったのも気になるきっかけだったのかな。だから、A.B.C-Zが自分の周りにだんだんある環境だったのかも。

私そもそもA.B.C-ZってDVDしか出していないと思ってたから、音源って全くないものだと思ってた。でもそのTSUTAYAの店員さんのおかげで、アルバム出してることを知ったし、なんかムンウォは好きだったから買おうかなぁ?とか思ってた。キッカケは思い出せない。笑

A.B.C-Zのアルバムを借りて、A.B.C-Zってこんなに良曲多いの!?ってびっくりしたのを覚えてる。特にFinally Overが大好きで、A.B.C-Zのライブを見てみたいな、と思ってコンサートDVDを調べ始めた。Finally Overががっつり入ってると知って、Legendコンを買った。
それからは毎日Legendコンを見る日々。楽しくて楽しくてしょうがなかった。

初めて見るA.B.C-ZのコンサートDVDはとにかく楽しくて、どこでやろうと絶対A.B.C-Zのコンサート行くんだ!って決めた。

3月。これも今思えばタイミングだったのかなぁ。A.B.C-Z花言葉とキスマイのGravityが同じ日に発売だった。
アマゾンで頼んでた私は、フラゲ日にGravityが届かなくて、TLでどんどんみんな買ってるのが耐えられなかった(笑)それで、映像見たい!ってなった私は、すごく悩んでたA.B.C-Z花言葉をいともあっさり買ってしまった。笑
花言葉のMVは本当に映画のようで、メイキングやコンサート告知のサプライズも本当に本当に嬉しくて、Great 5も最高にかっこよくて、本当に買ってよかったなぁと思えた作品だった。

その時に悩んでた花言葉を買う後押しになったのは、頼んでたCDが届かなかったイライラからで(笑)、TSUTAYAの店員さんがえび推しじゃなかったら、ここまで気になってなかったと思うし、全てがタイミングだったのかなぁ、なんて思ったりする。

郁人の「(A.B.C-Zに)気づいてくれてありがとう」という言葉が本当に嬉しい。A.B.C-Zに気づかせてくれてありがとう。
ファンになった日とか、最初にA.B.C-Zの作品を買った日とか、郁人に完全に心を奪われた日とか、思い返すと色んな日があるけど、花言葉を買った日は、本当になんか、特別な日な気がする。ちゃんとA.B.C-Zのファンとして買った初めての作品だから。
そんな日から1年。やっと1年。
まだまだひよっこえび担だけど、これからも同じ景色を見ていたいなぁ。

オレオレオレンジ

わたしがしんどいなーとか、なんだかなぁって思い始めたのは去年だったし言い方は悪いけど、もうすっぱり切ったけど

今になって思うのは、彼は誰かを信頼して生きているのだろうか?ということかな。

 

正直メンバーとも仲良いのかよくわかんないし。笑

わたしが思うのは、彼は自分自身を否定するような人生やアイドル人生を送ってきて、やっとありのまま(キャラですが)に近い存在でいられるのが、なかいくんが作ってくれたグループだったのではと勝手に思うけどそれも嫌だったのかな?

自分自身を否定するようなことはアイドルだからどうなのよ、と思いつつも、今になって思うのが、自分自身を応援してくれているファンという存在まで否定していませんか?ということ。

悪気があるのかないのか、どうせ俺なんて…とひねくれているのか、本当に何も考えてない素直な気持ちなのか知らないけど、「自分のうちわは気にならない」とか言うのに「俺だけ歓声少なくない?」は何言ってんだ?って思うんだ。

相手に気づいてあげないで、何を求めてるの?キャーって言われるのが当たり前だと思ってませんか?

歓声が多いメンバーはそれだけ自分のファンに対して態度で示してるし、下手でも不器用でも何らかの努力をしてると思います。

何度かライブに足を運んで、トロッコの時も、「みんながスタンドの方を向くから俺はアリーナの方を見なきゃ」という考えも素敵だと思ったよ、でもいざ自分の目の前をお尻を向けて通られると結構悲しかったし、明らかに自分のファンとわかる人がいても、基本アクションはしない、よく俺はファン少ないとか歓声少ないとかいうのが悔しくて、だからこそ、「あなたのファン、ここにいますよ!」と存在を訴えてる人がたくさんいるのに、気づいてるのか気づいてないのか、どうでもいいのか、よくわからないけど、リアクションしないよね?双眼鏡でいつも見てたよ。

自分のことを1番好き!って目に見えてアピールしてくれてるファンがいることをわかって欲しかったと思ってる人が多いと思う。うちわだって時間と手間と気持ちがこもってるんだよ。見てくれたらいいなって、俺のうちわだ、って気づいて喜んでくれたらいいなって気持ちで作ってるんだよ。あなたには紙切れだったかもしれないけど。ファンは馬鹿で単純だから、顔が見れるだけで嬉しいんだよ。手を振ってくれるだけで嬉しいんだよ。あなたが好きだからだよ。

 

歌とかダンス面とかわたしはよく口うるさく言ってたけど、実際みんなも思ってたんだなって今回よくわかった、安心した(笑)

 

ファンを大切にしろとは言わないけど(してくれるに越したことはないけど)、数あるグループから自分のグループを選んでくれて、自分を選んでくれた人たちのことは、信じてみたらどうかな?

 

と、今更ながら、彼から離れてみてから思うわたしなのでした。

じゃなきゃ、わたしみたいに、なんかもういいや…って疲れちゃうよ。好きの反対は無関心。

完全に無関心ではないけど、やっぱり離れた立場から見ても、ダンスずれてるからね。

苦手なことを頑張ることは、かっこ悪いことじゃないよ。

よく親友のことを褒めてくれるよね。あいつは歌もダンスも喋りもすごいって。その親友も君のことをすごいって言ってくれてるよ、趣味を仕事に活かしてるのがすごいって言ってくれてるよ。

 

見てくれてる人、たくさんいたんだよ。気づいてなかったかもしれないけど。

 

自分のことを見てくれてる人のことを、これからは大事にしてあげて欲しいし、信じてあげてほしい。

 

そんな風にわたしは思うよ。

 

 

ちょうど最近買った舞台のDVDのテーマが「応援」なんだけど、その中のセリフで「アイドルは客との関係性が作ってる、応援する人がいるからアイドルはアイドルになれる」みたいなセリフがあるんだ。その舞台、グループの中で2人は見に来たんだけど、君は見に来てくれなかったよね。笑

見て欲しかったな。「応援」の在り方を。

 

メンバーのためにアイドルやってるとか、お兄ちゃんのためにアイドルやってるとかの気持ちだと、これからもずっと変わらないと思う。

前に副音声で、姪っ子甥っ子が光のシグナルが大好き、って言ってたよね。それは身内かもしれないけど、そういう人が全国にたくさんいるのが、アイドルという仕事じゃないかな?

そこに気付けるかどうかが、彼のこれからに関わるんじゃないかな?

 

 

離れた元担当からのたわごとでした。

五関くんとえび担に(勝手に)オススメしたい海外ドラマ7選。

五関くんと橋本くん、他ジャニーズの方々が絶賛ウォーキングデッドにハマっているようですが、私はどうしてもあれは見れなくて…なので代わりに(?)私が見てるドラマを彼らにオススメしたいと思います。

Gossip Girl】完結済

ゴシップガール GOSSIPGIRL
五関くんへのオススメ度☆
えび担へのオススメ度☆☆
えび内視聴者 ふみと(多分)

なんとなく聞いたことある人もいると思うゴシップガール。ふみとが見てるっぽい話をしてました。
ある日街へ1人の女の子が帰ってくることからストーリーは始まる。セレブな男女高校生4人組とそれを取り巻く人達の話。彼女たちはいつもゴシップサイト「ゴシップガール」に振り回されっぱなし。高校、大学と成長する度にいつも邪魔されたり、時には助けてくれたり。ゴシップガールは一体誰だ!?

まぁもうドロドロ!笑
なんでもあり!しょっちゅう恋人変わる(デフォ)
最後のシーズンが人気低迷だったので短めになってるけど最後まできちんと完結してるので、シーズン5くらいまで見れた人にはオススメ。
ちなみに私は途中から疲れて吹き替え派になりました。笑
色々あるけどチャックが好きです。

 

glee】完結済

海外ドラマ『glee/グリー 踊る♪合唱部!?』| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
五関くんへのオススメ度☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆☆☆

これはえび担に1番オススメ。いわゆるショー的な(ショークワイアというらしい)感じで歌って踊る部活の高校生の物語。いじめられっ子やいじめっ子、高校生の妊娠とかLGBTの問題とか。色々考えることも多い作品だけど、すごくハッピーになれるしとにかく楽しいし沢山の音楽に触れられる作品。ミュージカルが好き、音楽が好きな人にはすごくハマる作品。
私はこの作品で色んな音楽と出逢いました。ブロードウェイミュージカルに出ているような豪華な方々も時折ゲスト出演していたり、レギュラー出演しています。アメリカ版のレリゴー歌ってる女優さんも出てるよ。

 

One Tree Hill】完結済

One Tree Hill/ ワン・トゥリー・ヒル|ワーナー海外ドラマ 公式サイト
五関くんへのオススメ度☆
戸塚くんへのオススメ度☆☆
えび担へのオススメ度☆☆

私が見てる中では1番普通の(笑)海外ドラマ。
異母兄弟の2人がバスケを通して心を通いあわせたり、成長していくお話。
主人公の1人が文学少年で、有名な小説のフレーズとかが出てくるから戸塚くんへのオススメ度も入れてみた。
ただ、これは好みが分かれる作品のよう。現地では未だに愛される人気作品だったようです。

 

SHERLOCK

海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』|角川海外TVシリーズ
五関くんへのオススメ度☆☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆☆☆☆
現代のイギリスにもしシャーロックホームズがいたら?というシチュエーションで作られたお話。
ネットも使うしスマホも使っちゃう。ワトソンくんはブログ書いちゃう。そんなシャーロックホームズ。
1話が90分の1シーズン3話構成なのでとてもみやすいのにとても面白い。
イギリス制作なのでちょっとしたジョークがあるのも面白い。
字幕がもちろん楽しいけど、吹替で見ても楽しめるのがこの作品の特徴かなと思います。五関くん見て〜!笑
ちなみにキスマイ横尾さんは見てる。

 

【キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜】

キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き シーズン8|FOX|FOX ネットワークス
五関くんへのオススメ度☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆☆

ミステリー作家のキャッスルが自分の小説を模した事件の捜査を手伝うことがキッカケで、刑事のベケットとコンビを組み、独特の視点と絶妙なコンビ感で事件を解決していく話。
1話完結型なのでとても見やすい。


【ホワイトカラー】完結済

海外ドラマ『ホワイトカラー』| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント
五関くんへのオススメ度☆☆☆
えび担へのオススメ度☆☆

先に言いたい。主役♂がものすごくイケメンです。ただし旦那さんがいます。(察してください)
天才詐欺師ニールが、自分を唯一逮捕に追い込んだピーターとコンビを組んで事件を解決していくお話。
天才詐欺師だからこそのトリックで犯人を追い詰めるのがめちゃくちゃ爽快。

 

【The Flash

THE FLASH / フラッシュ|ワーナー海外ドラマ 公式サイト
五関くんへのオススメ度☆☆
えび担へのオススメ度☆
私も最近見始めたので、全部は語れないけど、ある日雷に撃たれたことから、不思議な力を手に入れ、誰よりも早く走れるようになり、その力を使って人助けをするヒーローになるお話。
DCコミック原作で、会社違うけどアベンジャーズ好きな人とか結構好きだと思う。これも見やすくて面白い。

 

海外ドラマは1シーズンがすごく長いし、次のシーズンがくるまで悶々とした気持ちで待たなきゃいけなかったり、テレビ局や俳優の都合で突然人がいなくなったり、突然打ち切りになってシーズン1の中途半端なところで終わったり、面白い分リスクも高いし、好みの作品に出会うまではなかなか大変だし、出会ってからも見るのが大変だけど、日本とはまた違ったテイストでドラマを楽しめるのでオススメ。
素敵な海外ドラマライフを〜!

CDを買うことについてぼんやり考えてみた。

以前、ツイッターで「1位が取れなかったら〜しなくなるかも、というネガティヴな気持ちで買うよりも、1位が取れたらこんなことがあるかも!というポジティブな気持ちで買ったほうが楽しいし、嬉しいってReboot!!!のときに教わった」なんて感じのツイートをした。CDを買うこと、1位を取ること、最近改めて考えていた。

私は(一応)昨年の夏まで2つのグループを掛け持ちをしていた身だった。
今はそんな事はないが前の売り方は、初回・通常・メンバー個人盤・ショップ盤・コンビニエンスストア盤、など複数種売りが当たり前、1位をとって当たり前、そんな感じだった。
だからCDを買うときも今だから言うが、友達と手分けして買っていた。「全部買えるわけないじゃん!」といつも言っていたし、私1人が買わなくても彼らは1位取るじゃん。なんて思ってたので、オリコンの集計期間なんかこれっぽっちも気にしてなくて、発売日過ぎてから買ってたこともある。

そんな時、あの夏が来た。苦しかった夏だった。「1位が取れないかも」「仕事が減らされるかも」「ファンなら(追加で)買って当たり前でしょ!?」「1位じゃないなんてあり得ない!」なんて言葉が飛び交っていた。とてもとしんどかった。嫌だった。
その頃ちょうど色々思うことがある時期で、そのCD自体買うのをやめようと思っていたが、些細なきっかけで試聴したところ、「いいじゃん」と思うC/Wが出てきて、購入したばかりだった。なのに、その1枚が、色んな人の色んなツイートを見て、今ではあまり思い出したくない1枚になってしまった。
何気ない一言かもしれないが、あの時の「1位じゃないなんてあり得ない」という言葉が、私には物凄く大きくて鋭い凶器のようだった。

というのも、A.B.C-Zはなかなか1位が取れていないグループだ。
昨年出したシングル・アルバム共に1位をとった曲はない。ファンが頑張ってないわけじゃない。正直なところ、圧倒的にファンの母数がまだまだ多くないのはわかっていて、それでも各々自分たちでグループを盛り上げたいと思っている。
後日談ではあるが、その「1位を取れなかった」という出来事は戸塚くんにとってとてもショックな出来事だったらしく、「自信があった作品だったからこそ、"求められてないのかも"」と思い悩んでしまったらしい。もちろん数字が全てではない、と本人たちもわかっているが、やはりCDの売上や順位は、本人達の活動やメンタルに大きく影響しているのは間違いない、と言える。

ただ私は正直なところを言うと、1位ということにあまりこだわりはない。
それよりも、「沢山の人に聞いてもらえたか」「届いたか」が大事だと思っていて、何枚も買ういわゆる「複数買い」をすることは私はあまり好ましくないことだと思っている。
ただし、前の記事で触れているが、私はReboot!!!のときに通常盤を複数枚買っている。特典のショップバッグが欲しいという理由をつけて。

私は結果的には同じことをしていて、複数買いで掴んだ1位だと素直に思っている。そこは認めざるを得ないし、批判も受け止める。

ただ、私はあの時に「仕事が無くなるかもしれない!干されたくない!」そんな気持ちでは決して買ってない。
むしろ、1位になることで、1つ、たった1つでも彼らにお返しが出来たら、という気持ちがあった。

CDが売れないとこうなりますよ、仕事が減らされるかもしれませんよ、と煽る人が何人もいる。しかもよりによって、たいていフォロワー数が多い人。
でも、よく考えてみて欲しい。「助けてください!」(Reboot!!!のときにも数人いたが)「力を貸してください!」「今後に関わるのでみんなで買おう!」「仕事減らされたくない!」そんなツイートを見て、新しく買いたいと思う人は、あまりいないと思う。

売上は大事だし、順位も大事。それによって歌番組やニュースでの取り上げられ方も変わる。それは痛いほどよく分かってる。でも、でも。
CDは、特に最近「売れない」と言われるCDはアーティストによってとてもよく工夫をして売ってあると思う。
その1つ1つを楽しみながら「ポジティブな気持ちで」「楽しく」CDを買う方がいいと思うし、ネガティヴな気持ちで買っても結果的には、本人達に失礼ではないかなと、私は思う。

CDを買うこと、1位を取ること。
大切だけど、忘れちゃいけないこともあるかな、と思います。

君の好きなところ。

君の好きなところ。

聞いてて安心する司会。
芸人顔負けのリアクション。
テレビにでてる時の喋りの安心感。
見ている人を嫌な気分にさせない喋り。
Jrくんのフォローや付け足し。
アシスタント的役割でフォローがうまい。
伝わりにくい時の言葉の説明や付け足しがうまい。
ステージに立ってる時の表情。
シャカリキなダンス。
ウキャキャキャって笑う声。
芸人みたいな全力アイドル。
貪欲なところ。
優しいところ。
けじめがしっかりしているところ。
切り替えがちゃんとしているところ。
真面目なところ。
周りの人への気遣い、感謝の心。
グループ愛。
笑顔。
お茶目なところ。

 

君が真剣に向き合ってくれるから
私も真剣に君と向き合うし、
君の邪魔はしたくない。
全力で向き合ってくれる限り、
私も全力で君に愛を送り続けるよ!
いつも世界一のアイドルでいてくれてありがとう!
そんな君は世界一です!!!
ハッピーバレンタイン!沢山の愛を君へ!♡笑

f:id:ym13cd:20170214122338j:image

りぶぅと。

Reboot!!!のことを書きたい。忘れないうちに書いておきたい。

私は「追い〜」の文化が嫌い。「仕事が減らされるかも!」「干されるかも!」と、それを煽るようなツイートも大嫌い。


でも今回のReboot!!!は、ぶっちゃけ、結構、というか大半の人が複数枚買ったと思う。私も買った。
HMVと渋谷ツタヤでショップバッグが貰えるから、という理由をつけて買った。でも、本当にショップバッグは欲しかった。なかったら本当に躊躇してたし、あったことが有り難かった。

正直わたしは、別に1位じゃなくてもいいんだよ、と思っていた。彼らの良さはみんなわかってるし、煽られたって、他G担に何言われたって、別に干されてないって大声で言い返せる自信があった。
一万字でもふみとと塚ちゃんが語ってた。1位じゃなくて悔しいより「申し訳ない」って気持ちが大きいって。
なんかあれ読んで、わたしはゆっくりでいいと思ったし、無理に取る必要もないと思った。思ってた。

でも、とつかくんが、2016年のシングルアルバムが1位取れなかったことにすごく落ち込んで、「求められてないと思った」って言ってた。
すごい悔しかったし、とつかくんとのバカ!!って何度も叫んだ。

わたしは、はしもとくんととつかくんの言葉は、A.B.C-Zの言葉だと思ってる。
強がったり、うまく大人なふりをして、素直にならないのが、ごせきくん、ふみと、塚ちゃん。塚ちゃんは時に笑ってごまかすと思う。

はしもとくんはすごく素直。いい意味でも悪い意味でも。笑
でもそれが、お兄たちが我慢してることを、伝える役割も果たしてる気がする。
とつかくんも、我慢の人だと思うけど、とつかくんには文字があって、言葉がある。うまく言えないことを、伝えてくれようとする。人一倍落ち込むのも彼だと思う。

だから、はしもとくんととつかくんの言葉は、言えない分まで5人の気持ちを代弁してるものだと思ってる。

だからこそ、きつかった。
「求められてないのかなって」という言葉。
求めてるよ!

はしもとくんもそう。
「1位とりたい!。・゚゚・(>_<)・゚゚・。10枚かった!」
本気だ。って思った。はしもとくんは嘘がつけない。はしもとくんが10枚買ったって言うなら10枚買ってる。
みんながやらなくても、俺は買う!1位取る!そんな風に受け取った。


5周年、あれだけファンのことを想ってくれて、行動にも言葉にも移してくれて、返せるものが本当に1位ってことしかないと思った。
本気で1位狙ってるんだなって思った。
でも、やっぱりどうしても複数枚買うやり方は嫌いだから、宣伝を頑張った。数人から、買います!と言ってもらえた。
ショップ袋のために、CDを2枚買った。同じCDなのに。袋のためだから!って口実つけたけど、渋谷ツタヤのあれだけのA.B.C-Zだらけの空間、ポニキャさんの力の入れ方、A.B.C-Zに対する恩返し、全部全部含めて、買いたい。って思ったから買った。
後悔はしてない。


正直、あんなに1位を取れて嬉しかったのって、初めてだと思う。
メンバーが喜んでるのを聞いたり、見たりして、やっと一個だけお返しができたと思った。

まだまだだけど、少しずつ恩返ししたいと思う。

 

最後に、あれだけ複数枚買うやり方を嫌って、否定してたのに、自分自身がやったことは、本当にダメだったなと思うし、あの日あの時買った人たちも、状況は違えど、こんな気持ちだったのなら、否定して申し訳無かったと思ってる。本当にすみませんでした。

 

 

 

 

でも、追い〜を真似するなとか、あれはもっと素晴らしいものだとか、そういうツイートも主張もたくさん見た。

そっかそっか。って思った。

それは、うーん。あまりいい印象は持てなかったです。

改めて、ファンの印象って大事だよねって思いました。