読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡市民が日帰りで代々木に遠征してみた。

8月のシフトが出た際、たまたま8/10が休みとなっていた。8/13.14のキスマイで2連休、しかもお盆に休むとあり、さすがにそこまで休めないと思って諦めたA.B.C-Zのコンサートに行ける!その瞬間、わたしは代々木行きを決めた。チケは心優しい方に譲っていただけて、素敵な時間を過ごせたので、日帰りにかかった諸々をまとめておく。

 

≪ポイント≫

・ライブ当日のみ休み

・次の日は朝8:30から仕事

・当日飛んでそのままグッズを買う

・会場は代々木第一体育館で最寄駅の原宿駅を利用

・ライブは17時開演、20時までには終わると予想

・なるべく飛行機を利用したい

・時間がかかるよりはお金を使ってでも早く移動できる方を優先する

福岡空港行きの最終の飛行機は20時代

 

【行きの飛行機】

スカイマーク SKY004便

福岡空港8:55発 羽田空港10:30着

いま得で18,790円

→ギリギリに予約したので、どこも高くなっていた。LCC会社が多少安かったが、グッズ販売に行きたかったので成田→原宿と考えると、多少安くても遠すぎると判断。羽田→原宿も約1時間だが、成田よりはと思い、こちらを判断。時間は7:55もあったと思うが、1度ギリギリに到着して痛い目にあったので、余裕を持ってこの時間にした。

 

【羽田に到着】

羽田空港から京急にて品川に移動。そこから山手線で原宿に11:30頃到着。

 

【開場が遅れる】

機材トラブルにより開場が30分遅れる。開演が遅れると終了時間も遅れると思ったわたしだったが、予定通りライブは始まった。

「19:55になっても終わらないようならライブを抜ける」と開演前に決めたが、19:49頃終了。人数もアリーナクラスなのもあるが、規制退場をくぐり抜け比較的スムーズに原宿駅へ。そこから山手線で浜松町まで行き、モノレールに乗り換えて21時前に羽田空港到着。

 

【帰りの飛行機】

福岡空港行きの最終が20時代しかない。ライブ終了は20時前予定だったので最後までいるには、それ以降の飛行機に乗る必要がある。そこで私が使ったのがスターフライヤー北九州空港行き。

こちらは遅くまで東京を楽しんで福岡に戻るための夜の便が用意され、かつ北九州空港から天神博多までの深夜バスが運賃1,000円で用意されている。今回は期間外だったが、キャンペーン期間中はスターフライヤーの搭乗券提示で乗ることが出来るらしい。

 

スターフライヤー

SFJ093便

22:00 羽田空港発 23:50北九州空港

32,990円

 

正直この出費は痛かったが、日帰り出来る有難い便だ。今後も積極的に使っていきたい。

 

北九州空港に着くと当たり前だが売店等は空いておらず、バス乗り場に移動。24:00北九州空港発のリムジンバスに乗り、天神を目指す。

天神に着いたのは25:50頃だったと思う。

 

こうして私は8/10午前に東京へ飛び、ライブを楽しんで、8/10深夜に北九州に到着して、翌日朝から仕事へ向かった。

 

単純に飛行機代のみだけで往復51,780円。これに羽田空港⇆原宿の往復約1,400円と帰りの深夜バス1,000円。

単純計算で54,180円の日帰りの旅。

私は正直、値段よりもその日に行けることや時間、距離感で優先するタイプなので、お金はかかったが、その日のライブには大満足。行ってよかったと心から思う。

 

この金額出せない…という方は夜行バス等で検討してみるか、黙って諦めるか、その2つだと思う。

 

ライブやイベントを最後まで見ても帰りの交通機関に間に合うのが1番。

どうしても日帰りしなければいけない、日程的に厳しい!そんな理由で諦めないで、やろうと思えば日帰りライブは出来る!それが伝われば幸いです。