読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが思うえびときすまい。

全部の人がそうとは限らないし、興味ない人はとことん興味がないと思うけれど、Kis-My-Ft2A.B.C-Zのファンになったら必ず一度は出会う言葉が「えびきす」だと思う。

私自身は、今年の初めまでキス担兼えび推しだった。そのきっかけはやっぱり、よく見ていたアカウントの方々がキス担兼えび担という人が多かったからで、だから自然と情報は入っていたし、ツイート見て興味がわいた。

そしてそういう人たちのツイートや、少クラを見て、新規の私でもえびきすは仲がいいんだな、とわかった。

 

当時のことはわからないし、映像でしか見ることができない。

なので、あくまで今の2グループのことについて、どちらも通ってきた私から見た、ただのぼんやりとした印象を。

 

結論から言うと、えびきすって正反対なのかなぁって思う。

 

【2016年の主な活動拠点】

キスマイ:テレビ

えび:舞台

 

キスマイはテレビが圧倒的に多い、と私は思う。多い時には毎日誰かが出ているし、実際「毎日キスマイの露出ある!」なんて喜んでいた気がする。彼らの今の主戦場はテレビで、彼ら自身も「テレビの人」になってきているなぁと思う。

 

一方でえびは、他のグループに比べても圧倒的にステージ数が多い。個人の舞台からコンサート、そしてグループの舞台。舞台の人であり、舞台の上で輝く人々だと思う。舞台は、ファンでないと触れられないことが多いので、それが時に悔しくもあるが…。

 

【グループが作り出す笑い】

キスマイは、前述したように「テレビの人」「テレビで戦ってる人々」だとわたしは思うので、やはりコメントやオチのつけ方、話し方など、特にバラエティにおいては、他のグループに比べても上手い方だとわたしは思う。(舞祭組&北山)

それが顕著なのが、プレバト!だと思う。キスマイ以外のグループだと、どうしてもコメントがほとんどないまま終わったりすることもある。見るたびに流石だな、と思う。

なので、どちらかといえば、考えて作られた笑いかな、という印象。もちろんそのスキルはすごいし、努力の積み重ねだと思う。

 

一方でえびは、それこそ塚ちゃんが代表例だが、「予測もしてなかった笑い」が多いなと思う。基本的にボケの子達だし、天然だと思うし、何かの拍子に自然と発生する笑いかな、と思う。狙って作られたものではないのかなと。彼らのありのままが人を感動させたり笑わせたりするのが、えびちゃんずーでもわかる気がする。

 

このことを考えていたら、自分なりの答えが出てきて、キスマイはテレビを主戦場としているから、そういう「笑いを作る」ことがキスマイの武器であり個性なのかなと。

逆にえびは、舞台を主戦場としていて、日々ナマモノをやっていて、自分たちでも思いもよらないものを生み出したりしてやってきていて、それでその日その時のお客さんの心を動かしたり、日々舞台を変化させたりしているからなのかなぁなんて。

 

【ライブの選曲】

キスマイは今年のコンサートで、既存曲や人気曲を削った。今の自分たちを見せたかったのだろう。新しいファンをどんどん掴んでいくためにも、既存曲にこだわらず、キスマイ行ってみようかな?と来てみた、新しいアルバムを聴いてきてくれた人たちに向けて、挑戦と入り込みやすいライブだったかなと思う。

実際、去年のライブで過去のC/Wが披露された際、私も含めて「この曲知らないなー…」という人がチラホラいたらしい。新規が多い?受け口となってるからこその選曲かなと個人的には思う。客層を考えたセトリかなと。

 

一方でえびのセトリはというと。アルバム曲とボーナス・トラック全部。シングルのC/Wほぼ全部。既存の人気曲や定番曲、そして昨年のABC座で披露された曲や、前作のアルバム曲、そして何より曲が入らないから日替わりメドレーと、よりどりみどり。これ聴きたかったの!が全部揃うセトリ。

 

新規ファンとしては、ライブで過去の曲が聴けることや、DVDでしか見たことのない光景を味わえたのがとても良かった。

恐らく、だが自称ジャニオタふみきゅんが選曲しているからこその、最大の「ファンの人たちはこういうの好きでしょ?」のファン目線のセトリの作り方なのだろうと思う。

 

 

 

と、どちらにも特徴があって、考えれば考えるほど、なんか正反対なことやってるなーなんて思う今日この頃。

 

異論は受け付けます。笑