読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレオレオレンジ

ひとりごと

わたしがしんどいなーとか、なんだかなぁって思い始めたのは去年だったし言い方は悪いけど、もうすっぱり切ったけど

今になって思うのは、彼は誰かを信頼して生きているのだろうか?ということかな。

 

正直メンバーとも仲良いのかよくわかんないし。笑

わたしが思うのは、彼は自分自身を否定するような人生やアイドル人生を送ってきて、やっとありのまま(キャラですが)に近い存在でいられるのが、なかいくんが作ってくれたグループだったのではと勝手に思うけどそれも嫌だったのかな?

自分自身を否定するようなことはアイドルだからどうなのよ、と思いつつも、今になって思うのが、自分自身を応援してくれているファンという存在まで否定していませんか?ということ。

悪気があるのかないのか、どうせ俺なんて…とひねくれているのか、本当に何も考えてない素直な気持ちなのか知らないけど、「自分のうちわは気にならない」とか言うのに「俺だけ歓声少なくない?」は何言ってんだ?って思うんだ。

相手に気づいてあげないで、何を求めてるの?キャーって言われるのが当たり前だと思ってませんか?

歓声が多いメンバーはそれだけ自分のファンに対して態度で示してるし、下手でも不器用でも何らかの努力をしてると思います。

何度かライブに足を運んで、トロッコの時も、「みんながスタンドの方を向くから俺はアリーナの方を見なきゃ」という考えも素敵だと思ったよ、でもいざ自分の目の前をお尻を向けて通られると結構悲しかったし、明らかに自分のファンとわかる人がいても、基本アクションはしない、よく俺はファン少ないとか歓声少ないとかいうのが悔しくて、だからこそ、「あなたのファン、ここにいますよ!」と存在を訴えてる人がたくさんいるのに、気づいてるのか気づいてないのか、どうでもいいのか、よくわからないけど、リアクションしないよね?双眼鏡でいつも見てたよ。

自分のことを1番好き!って目に見えてアピールしてくれてるファンがいることをわかって欲しかったと思ってる人が多いと思う。うちわだって時間と手間と気持ちがこもってるんだよ。見てくれたらいいなって、俺のうちわだ、って気づいて喜んでくれたらいいなって気持ちで作ってるんだよ。あなたには紙切れだったかもしれないけど。ファンは馬鹿で単純だから、顔が見れるだけで嬉しいんだよ。手を振ってくれるだけで嬉しいんだよ。あなたが好きだからだよ。

 

歌とかダンス面とかわたしはよく口うるさく言ってたけど、実際みんなも思ってたんだなって今回よくわかった、安心した(笑)

 

ファンを大切にしろとは言わないけど(してくれるに越したことはないけど)、数あるグループから自分のグループを選んでくれて、自分を選んでくれた人たちのことは、信じてみたらどうかな?

 

と、今更ながら、彼から離れてみてから思うわたしなのでした。

じゃなきゃ、わたしみたいに、なんかもういいや…って疲れちゃうよ。好きの反対は無関心。

完全に無関心ではないけど、やっぱり離れた立場から見ても、ダンスずれてるからね。

苦手なことを頑張ることは、かっこ悪いことじゃないよ。

よく親友のことを褒めてくれるよね。あいつは歌もダンスも喋りもすごいって。その親友も君のことをすごいって言ってくれてるよ、趣味を仕事に活かしてるのがすごいって言ってくれてるよ。

 

見てくれてる人、たくさんいたんだよ。気づいてなかったかもしれないけど。

 

自分のことを見てくれてる人のことを、これからは大事にしてあげて欲しいし、信じてあげてほしい。

 

そんな風にわたしは思うよ。

 

 

ちょうど最近買った舞台のDVDのテーマが「応援」なんだけど、その中のセリフで「アイドルは客との関係性が作ってる、応援する人がいるからアイドルはアイドルになれる」みたいなセリフがあるんだ。その舞台、グループの中で2人は見に来たんだけど、君は見に来てくれなかったよね。笑

見て欲しかったな。「応援」の在り方を。

 

メンバーのためにアイドルやってるとか、お兄ちゃんのためにアイドルやってるとかの気持ちだと、これからもずっと変わらないと思う。

前に副音声で、姪っ子甥っ子が光のシグナルが大好き、って言ってたよね。それは身内かもしれないけど、そういう人が全国にたくさんいるのが、アイドルという仕事じゃないかな?

そこに気付けるかどうかが、彼のこれからに関わるんじゃないかな?

 

 

離れた元担当からのたわごとでした。