コイベビのこと

私が初めてA.B.C-Zの姿を見たのが、郁人を観たいと思って足を運んだ2016年の初演コイベビだった。初めは舞台はファンの人が行くべきものだから…と遠慮していたけれど、一般発売でチケットがあったので足を運んでみようという気になった。

初めて見るジャニーズ舞台、初めて見るはしふみ、初めて見る郁人。
舞台を観に行くということ自体がすごく久しぶりだった。(子供の頃に親の趣味でたくさん観ていてその反動で舞台鑑賞からは遠ざかっていた)


私が思っていた以上に、というか2人のことを見くびっていて、ジャニーズって、A.B.C-Zってこんなに歌えてこんなに演技が出来るのか、ととても驚いた。


キクが脱走するシーンで、わたしの目の前の通路にキクが来たと思ったら、私の席の目の前でキクが立ち止まって、劇場の作りの関係で郁人の顔が目の前にあって、その出来事にびっくりして心臓がばくばく言ってたことを今も覚えている。その日から私は寝ても覚めても郁人のことばかり。そんな思い出であり、ある意味で美化しすぎている、そんな美しい思い出になっていた。

 


そんな思い出のコイベビ。
色んな人の考察を読んだり感想を読むとブレそうになるけど、自分が見て感じたままを。


【ハシきゅん はしキク】
バージョンは1度だけ観劇できた。


ハシきゅんはなんとなく心があるのかないのかわかんない喋り方に聞こえた。普段の郁人と比べてるのかなあ。僕って郁人が言い続けてることになんかすごく違和感を感じた。
青い舌は、振り付けがそうさせるのかもしれないけど「おっ、意外とアイドルっぽい…?」という感想を持った。セクシーで、なんだか私にはかっこよく見えた。
私はそっちよりも、マイクスタンドを使った曲の方に魅了された。普段の郁人のマイクスタンドの扱い方と違ったように感じたから……マイクスタンドを抱くような。
印象深かったのは「キクは島の恥なんだって」って言った時のハシきゅんかなぁ……彼は笑ってた。あんまりハシきゅんからは絶望感を感じなかった。


はしキクはとにかく優しいね。笑
隠された壁かな?壁の歌もなんかディズニーの王子様みたい。って思った(世界観壊したらすみません)勇気があって強くて、みたいな正統派ヒーロー。


【キクきゅん はしハシ】
まず初回の顔が2人とも全然違うことに驚いた。完全にスイッチが切り替わっていた。
初演バージョンなのでとにかく思い入れが強すぎて泣いてた。「俺キク、あんたは?」で泣いてた。ワニの国でも泣いてた。


キクきゅんは初演より素直さが出たというか、表情が豊かになってた。
とにかくアネモネを見つめる顔が愛しい人を見る顔だった。跳ぶ前のアネモネを見つめる顔、ワニの国を見守ってる顔、全部全部愛しい人を見る顔で。初演よりもアネモネにあったことでキクが少し変わったんだなぁって感じもしたし、初演の仏頂面で無愛想なキクが恋しくなった。笑


はしハシはもう私の好きなはしハシだった。
狂っていく姿がほんっとーーーにすき。
はしハシは絶望感を感じるしコンプレックスとかがっかりとか、マイナスな感情を感じる。
「キクは島の恥なんだって」もはしハシが言うときは悲しそうに見えた。

 

 


はしハシとハシきゅん、どっちも怖いんだけど、狂うベクトルが違うと私は思った。
はしハシはぞくっという恐怖を感じるし心を病んだり自分を見失うような狂うに感じたけど、ハシきゅんはヤバイやつとかおかしいやつとか言われる方の狂うというか…自我はあるよなぁって思う。


まぁハシきゅん1回しか観てないからいろんな補正入ってると思うけど……

 


再演かつWキャストという形でまたコイベビを見ることができてほんとに嬉しかったし、またキクに会えて嬉しかったし、本人は大変だったと思うけどコンサートと舞台をこなす郁人を2年連続見ることができたし、なによりA.B.C-Zをもっともっと好きになったり、舞台に足を運んでみようかなと思うきっかけになった作品をまた観ることができて、今回は原作も読んだ分思い入れも深くてすごくすごく思い出深い舞台になった。


ありがとうコイベビ〜〜!
はしふみお疲れさま〜〜!!
バイバイ、ハシとキク。