ABC座 ジャニーズ伝説2018(感想)

ABC座 ジャニーズ伝説2018千穐楽おめでとうございます。

 


再演という事でどんな感じになるのかなと思っていたけど、1幕で初代ジャニーズの歴史、2幕がジャニーズメドレーと、ジャニーズの過去から未来まで盛りだくさんな内容だったなぁと思います。

 


1幕で印象が変わったのは空港のシーン。いきなりNever My Love(英語の歌)を聞かされても記事の書きようがない、どんな経験をしたかが知りたい(ニュアンス)ってセリフが変わった事で、なんで記者さんたちは怒ったり呆れたりしたのかがわかって、昨年より分かりやすかったし腑に落ちた。4人はネバマイを聞かせることで自分たちの経験とかすごいことをしてきたことが伝わると思ったけど、記者さんたちには伝わらなかった、なんとなくそんな解釈でいいのかなぁって思ってる。

 


あとは解散のシーン、飯野さんが感情をあらわにしてやだよ!って最後までいってて、それは真家さんだったのに?と思ってたら、事実により近いのが飯野さんが感情をあらわにしたことらしい。でもそれに変えたことで事実に近づいたのもあるし、より五関くん塚ちゃんの得意なお芝居にも近づいてた気がした。五関くんは怒りとか叫び、悲しみとかの感情を表すのがすごい上手だと思ってて、それが活きてたし、塚ちゃんは普段とのギャップがある無の表情とか、(自分を)諭すような話し方が上手いと思ってて、本当にいいシーンになったなぁって感じました。

 


あとはラストシーン。昨年は寂しかったけど今年はジャニーさんが昔を振り返ってて、楽しかった思い出、宝物として今も大事に思ってるんだなぁってすごくいいシーンになってた。

 


あとは、はしちゃんが黒髪だった分去年より一層説得力が増した気がした。

 


とっつーのアドリブは毎回本当に素晴らしかった。わたしはストーリーの流れに沿わないアドリブが好きじゃなくて、そのせいでデストラップとかもちょっと嫌な印象があったんだけど(ごめんなさい)、とっつーのアドリブにはそれがないんだよね。役を生きてる。かつ、バリエーションもあって面白い。最高だよ、とっつー。

 


2幕はジャニーズメドレー。

そんなにSMAP、キスマイ、A.B.C-Z以外の曲を聴いてこなかった私でもわかる曲ばかりで、改めてジャニーズという存在がすごく身近にあったんだなぁって思った。あとは今回のセットリストに入ってた曲を借りてきてずっと聴いてる。

そしてソロ。各々が自分の世界観を出してて(しかも他のグループの曲で)、すごく良かった。はしちゃんの愛のかたまりは歌のうまさが際立ったし、ほんとにキンキ好きなんだなって感じた。あと存在感。だって歌ってるだけなのに存在感あったなぁ。五関くんは仮面。ダンスガシガシな感じじゃないから最初は違和感あったけど、双眼鏡で覗くのがもったいないくらい、後ろの映像まで全て使って世界観を作り上げてた。すごかったなぁ。いちばんジャニーズっていうかたっきーの演出路線というか。

塚ちゃんの喜びの歌は楽しかった!舞台じゃなかったら声出してたね。笑

すごいよねえ、場を一気に明るくする。河合郁人さんのTonightに関してはもうなんかもう天才なのではなまる百点です。あの選曲、どうなんだろう、てっきりSMAPかタキツバかなと思ったらキスマイだし。もともといいなと思ってたTonightだったからもう…A.B.C-Zじゃなかなかない曲だから、でも郁人にはすごい合う曲で歌もダンスもモノにしてて素晴らしかった。河合郁人の本気をありがとう。からのとっつーのFly。もともとFlyは好きで聴いてたから嬉しかったし、とっつーの雰囲気や声、踊り方やパフォーマンスにすごくあってた。

本当にみんな素晴らしかった。

ありがとうABC座ジャニーズ伝説2018

 

 

 

10/20郁人の誕生日もお祝いできて、しかも取材まで入ったのは嬉しかった。毎年日生劇場のステージに立って、日生劇場開館55周年とともに誕生日を迎えるなんて、そうそうないことだよ。愛されてるし運命だと思う。改めて河合郁人はステージに立つために生まれてきた人だなって感じた。大好きだよ~!